アナログ回路|高速IC設計|FB制御|デジアナ混在設計 埼玉県さいたま市桜区 株式会社エヌ・イー・エス


トップページ

事業概要
事業案内
アナログLSI
高周波回路/無線機RF回路
制御回路/装置/試作
治具・試験装置

業務の流れ
業務の流れ
お問い合わせ・ご相談

会社案内
ごあいさつ
会社概要
決算公告
プライバシーポリシー
求人案内
求人専用お問い合わせ

NESって?
気ままDiary


高周波回路/無線機RF回路

10Gbps程度までの高速データ伝送回路の回路及び基板レイアウト設計、動作検証などを行っています。
デジタルソース(FPGA、DA変換、AD変換)入出力部分からアンテナ端子までのRF送受信回路(特にデジタル・アナログ変復調回路、PLL発振回路、小電力アンプ、LNAなど)や各種RFコンポーネント部品を組み合わせたユニット、試作装置として筐体設計・組立て
などの経験があります。

また、光通信と無線通信を利用したROF(Radio On Fiber)試作装置やミリ波帯通信試作装置などの経験があります。

高速OPアンプによる350MHz帯域アナログ信号出力O/E変換基板
高速OPアンプによる350MHz帯域アナログ信号出力O/E変換基板

O/E変換及びE/O変換回路搭載 光変換ユニット内部
O/E変換及びE/O変換回路搭載 光変換ユニット内部

試作装置試験用高速送受信データ変換治具基板
試作装置試験用高速送受信データ変換治具基板

無線復調回路及び高速ベースバンド信号変換ユニット内部
無線復調回路及び高速ベースバンド信号変換ユニット内部

高速AGC付QPSK復調回路受信基板
高速AGC付QPSK復調回路受信基板

ミリ波帯ROF通信装置ユニット内部
ミリ波帯ROF通信装置ユニット内部

5.5GHz DPSK変調送信基板(実験用基板)
5.5GHz DPSK変調送信基板(実験用基板)

ダイレクト・デジタル・シンセサイザ(DDS)を使用した発振や変調の各回路及び基板レイアウト設計、動作検証などを行っています。
DDSとはデジタル直接生成発振器とも呼ばれ、高速クロック(システムクロック)信号より任意の周波数を発生させる方式の一つです。

主にデジタル回路、ROM(正弦波テーブル)、DA変換回路で信号を生成するため、高分解能で出力周波数を設定することなどが可能で

利点も多いが、アナログ回路信号として利用する場合に十分なスプリアス対策やノイズ混入対策が必要となります。

弊社では、DDS素子の選定(FPGA、CPLDなどでも構成が可能)、DDSコントロール素子(CPU、CPLDなど)選定とプログラム設計、DDS信号出力におけるフィルタ選定若しくはフィルタ設計、電源やグランドのパターンレイアウトの引回しなどを考慮して、アナログ回路への導入、PLL方との組合せなど経験があります。

写真のDDS信号発生器試作評価基板について
DDS信号発生器試作評価基板 DDS出力部にLC部品による75MHz帯バンドパスフィルタを挿入して帯域外のスプリアス対策を行っています。

また、基板裏面にCPUを搭載してDDSをコントロールしています。

CPUからのコントロールにより、周波数シフトキーイング変調(FSK、MSK)やDDSのDAコンバータ電流をコントロールして振幅シフトキーイング変調(ASK)などの評価を行っています。

また、外部クロックを入力して、オーバーナイキスト等のスプリアス評価も行っています。

現在、AD変換素子、CPLD若しくはFPGA 、DDS素子を組み合わせた発振器評価基板を検討中です。
外部アナログ信号電圧に応じて、DDS発振周波数をリアルタイムに発生させます。

VCO(電圧制御発振器)と同じような動作をしますが、発振範囲や中心周波数はプログラムにて任意に変更出来ます。
(DDSの性能やPLD演算の分解能により、制約が生じて来ます)

設計ツール・動作検証に関する補足
・ 回路設計ツール
  OrCAD Capture 16.2 、 Altium Designer Summer 09 、 Plotel 99SE、98

・ 基板レイアウトツール
  OrCAD PCB Editor 16.2 、 Altium Designer Summer 09 、 Plotel 99SE、98

・ 組立て・筐体設計ツール
  Vectorworks10.5J

・ シミュレーションツール
  OrCAD Pspice 16.2 、 スミスチャート(整合回路などで使用) 、 伝送路インピーダンス計算

・その他
  CPU(主にPIC、H8マイコン) 、 CPLD・FPGA(主にXilinxを使用、小規模回路)

上記ツールを中心に設計作業を行っています。

お客様からのご要望に応じて、回路図、ネットリスト、DXF変換などを行います。

また、設計データ(回路図、基板ガーバーデータ(RS-274D、274X)の提供も可能です。

*RF基板や装置としての動作検証を行う際、弊社で持っていない測定器類がある場合には、お客様からお借りするか基板や装置を直接お客様の所へ持ち込ませて頂き検証する方法にてご相談させて下さい。(今までの経験では比率的に半々となっています)

お問い合わせはお気軽にどうぞ

ページTOPへ

COPYRIGHT(C) 株式会社エヌ・イー・エス ALL RIGHTS RESERVED.